• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

洒洒落落の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

さっぱりとして物事にとらわれないさま。人の性格や態度などについていう。▽「洒落」のそれぞれの語を重ねて語意を強めた語。「灑灑落落」とも書き、「さいさいらくらく」とも読む。
句例
洒々落々とした態度
用例
文三の目より見る時はお勢はいわゆる女豪の萌芽めばえだ、見識も高尚で気韻も高く、洒々落々として愛すべく尊ぶべき少女であって見れば、<二葉亭四迷・浮雲>
類語
軽妙洒脱けいみょうしゃだつ
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

洒洒落落の解説 - 学研 四字辞典熟語

さっぱりした性格で、物事にこだわらないさま。執着がなく、あっさりした気質や態度。洒脱しゃだつ
注記
「洒落」は、心や態度がさっぱりしているさまで、それぞれの語を重ねて強調したことば。「洒洒」は「さいさい」とも読む。
表記
「洒洒」は、「灑灑」とも書く。
用例
見識も高尚で気韻も高く、洒々落々として愛すべく尊ぶべき少女(後略)〈二葉亭四迷・浮雲〉
類語
軽妙洒脱けいみょうしゃだつ

洒洒落落の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]性質や言動がさっぱりして、物事にこだわらないさま。
  • 「―として愛すべく尊ぶべき少女であって見れば」〈二葉亭浮雲

キーワード[洗練された]の四字熟語

キーワード[淡々・淡泊]の四字熟語