• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市中とその郊外の名所や風俗を俯瞰 (ふかん) するように描いた絵画。室町末期から江戸時代にかけて盛行し、六曲一双の屏風 (びょうぶ) 絵を主として画巻・画帖 (がじょう) などもある。