【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。
  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

深田久弥の短編小説。昭和7年(1932)発表。同作を表題作とする作品集は、昭和10年(1935)の刊行。初期の代表作の一つだが、実質的には深田の最初の妻である北畠八穂の作品、または二人の合作とされる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉