• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

芝木好子の短編小説。赤線とよばれた戦後下町の歓楽街に生きる人々の姿を描く。同作を表題作とする短編集は昭和30年(1955)刊。昭和31年(1956)川島雄三監督により「洲崎パラダイス赤信号」の題名で映画化。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉