• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル) 水が勢いよくわき出ること。また、波が立ち騒ぐこと。きょうよう。
    1. 「得々たる感情が心の裏に―するのを制し兼ねた」〈菊池寛・忠直卿行状記〉

[ト・タル][文][形動タリ]水が勢いよくわき出るさま。また、波が立ち騒ぐさま。きょうよう。
    1. 「独り早川の渓声のみ―として枕に響けり」〈鉄腸雪中梅