活字として、印刷を前提にデザインされた書体。和文には明朝 (みんちょう) 体ゴシック体アンチック体など、欧文にはローマン体イタリック体ゴシック体スクリプト体などがある。