歌舞伎で、在来の時代物の荒唐無稽 (こうとうむけい) を排し、史実を重んじて歴史上の風俗を再現しようとする演出様式。明治初期から中期にかけて、9世市川団十郎らが主唱した。