• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏語。衆生が無明の迷いのため生死を繰り返して、その境界から離れられないこと。