静岡県南西部にある汽水湖。もとは淡水湖で、琵琶湖を近淡海 (ちかつおうみ) とよぶのに対して遠淡海 (とおつおうみ) とよばれた。明応7年(1498)の地震の際の津波により、南部の今切 (いまぎれ) で遠州灘 (えんしゅうなだ) とつながった。ウナギの養殖が盛ん。

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉