浜松市にあった城。元亀元年(1570)徳川家康が飯尾氏の居城の曳馬 (ひくま) 城に入り、浜松城と改称。天正6年(1578)新城完成。明治維新で廃城となったが、第二次大戦後、天守閣を復興。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉