• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

今西祐行の小説。明治初期、流罪となった長崎県浦上のキリシタン達の苦悩を描く。昭和44年(1969)刊行。