• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「ウラシマ効果」とも書く》光速度に近い速度で運動している系の時間の進み方は、静止している観測者に比べて遅くなる現象。たとえば光速度の99パーセントで進む宇宙船内の時計は静止系の約1/7の速さで進むため、宇宙旅行から帰ってくると地球上では約7倍の時間が流れている。名称はこの現象を浦島太郎の説話になぞらえたもの。

[補説]アインシュタイン特殊相対性理論によれば、ローレンツ因子をγとすると時間の進み方はγ倍を掛けた分だけ遅くなる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉