• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ダ下二]

  1. 形・模様などが、下地や背景から区別されてはっきり見える。浮き出る。

    1. 「船越の西丘と、対岸の船山の明神の森とは…、夏の夕暮の静かな碧の空の中に―・でていて」〈花袋・野の花〉

  1. 表面に浮いて出る。浮き出る。

    1. 「水の上に浮かびながら、手をささげて、この経をささげて―・で―・でするときに」〈宇治拾遺・一〇〉