[動ラ五(四)]

  1. 水中・水底にあるものが水面に現れ出る。また、地上にあるものが空中に上がる。「魚が―・る」「アドバルーンが空に―・る」

  1. 苦しい状態を抜け出してよくなる。下位にあったものが上位になる。「最下位から―・る」

  1. 隠れていた物事が表面に現れる。鮮明になって人目につくようになる。「捜査線上に―・る」「東京タワーが夜空に―・る」

  1. 意識に出てくる。思い出される。

    1. 「突然一人の頭の中へカンナの予言が―・った」〈横光・碑文〉

出典:青空文庫