• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
海の底。海底。
    1. 「―沈 (しづ) く白玉風吹きて海は荒るとも取らずは止まじ」〈・一三一七〉

[枕]海の極まるところの意から、「沖 (おき) 」にかかる。
    1. 「―沖つ玉藻の」〈・一二九〇〉

出典:gooニュース