• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
平安末期から鎌倉初期にかけて成立した物語。4巻。作者不詳。権大納言と藤壺の女御との悲恋を描く。
大田垣蓮月 (おおたがきれんげつ) の歌集。明治3年(1870)発表。閑雅な詩境が平明に歌われている。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉