• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

海空域での自衛隊と中国軍の偶発的衝突を防ぐために、両国の防衛当局間に設けられた連絡体制。当局幹部間のホットライン設置、局長・次長級による定期会合の開催、接近した艦艇・航空機の直接通信方法の確立などを柱とする。平成30年(2018)6月運用開始。→国連海洋法条約CUES (キューズ) 

[補説]平成26年(2014)、尖閣諸島周辺での日中間の緊張の高まりを受けて、日本政府が中国に対し連絡体制の構築を要請。当初は「海上連絡メカニズム」として協議がされたが、平成27年(2015)現名称に改められた。