• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

唯川恵の小説。昭和59年(1984)、第3回コバルトノベル大賞を受賞した処女作。