• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古生代オルドビス紀から二畳紀にかけて繁栄した、ウミツボミ綱の棘皮 (きょくひ) 動物の総称。外形は花の蕾に似て、短い柄で海底に付着。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉