• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安岡章太郎の中編小説。精神を病み、海辺の病院に入院した母の最期の九日間を描く。昭和34年(1959)発表。翌昭和35年(1960)、第13回野間文芸賞受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉