• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)《「しんぜん」とも》
  1. 液体がしみ込んで、それに染まること。

  1. 浸透して感化されること。また、感化すること。

    1. 「王政の時より仏道久しく人心に―し」〈田口日本開化小史

  1. 染料の溶液の中に、織物・織り糸などを浸して染め上げる染色法。→捺染 (なっせん) 

[生活/ファッション]カテゴリの言葉