[動ア下一][文]き・ゆ[ヤ下二]
  1. 感覚でとらえられなくなる。

    1. ㋐姿・形などが見えなくなる。「煙が空に―・える」「男は人ごみの中に―・えた」

    2. ㋑音が聞こえなくなる。「足音が―・える」

    3. ㋒におい・味・痛みなどが感じられなくなる。「臭みが―・える」

  1. それまであったものが、そこからなくなる。

    1. ㋐燃えていた火が絶える。また、発していた光がなくなる。「火が―・える」「街の明かりも―・えた」

    2. ㋑雪・霜・露などが、とけたり乾いたりして、なくなる。「日陰の雪も―・えた」

    3. ㋒世間の評判、人の感情などが薄れてなくなる。「やがてうわさも―・えるだろう」「憎しみが―・える」

    4. ㋓身に備わっていたものが、なくなる。「彼特有の辛辣 (しんらつ) さが―・えた」「初出場の硬さが―・える」

    5. ㋔埋め合わせがついて、なかったものとなる。「帳簿上の赤字はこれで―・えた」

    6. ㋕当然存在するはずの物や人が、なくなったり、いなくなったりする。「宝石が金庫から―・えていた」「人影の―・えたスタジアム」

    1. ㋐正気を失う。

      「目も眩 (く) れ、心も―・えて覚ゆる」〈平家・二〉

    2. ㋑死ぬ。

      「やがて―・え給ひなば、かひなくなむ」〈・若菜上〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫