• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動バ上二]恋などのため、死ぬほどにつらく思う。
  • 「―・びぬうつろふ人の秋の色に身をこがらしの森の白露」〈新古今・恋四〉