• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ハ四]死ぬほどに思い迷う。
  • 「―・へる気色 (けしき) いと心苦しくらうたげなれば、をかしと見給ひて」〈・帚木〉