• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動タ四]

    1. ㋐火を消す。

      「世はただ火を―・ちたるやうに」〈・匂宮〉

    2. ㋑なくす。消滅させる。

      「世を保ち給ふべき御宿世 (すくせ) は―・たれぬものにこそ」〈・少女〉

  1. 蔑視する。ないがしろにする。けなす。

    1. 「つひにこの人をえ―・たずなりなむ事と、心病みおぼしけれど」〈・澪標〉

  1. 心の平静さをなくさせる。

    1. 「肝魂を―・ちて思ひける程に」〈平家・一一〉

  1. 圧倒する。

    1. 「いかばかりならむ人か、宮をば―・ち奉らむ」〈・東屋〉

[補説]平安時代、和歌や和文に多く用いられた。