[名](スル)
  1. 月日を送ること。日を過ごすこと。消日。現在では多く、手紙文で自分側について用いる。「小生、無事―致しております」

    1. 「空く遨遊に―するに堪えざればなり」〈織田訳・花柳春話

  1. 鉱物を偏光顕微鏡で観察するとき、上下のニコルの振動方向と、鉱物内の光の振動方向とが一致したときに、暗黒になる現象。

出典:青空文庫