• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ひどい悲しみや憤りのときに流すという、血のような涙の色。

    1. 「いにしへを恋ふる―に似てたもとに散るは紅葉なりけり」〈山家集・中〉

  1. 涙を流し泣くようす。

    1. 「先非を悔ゆる父が心、―にも見ゆらんものを」〈謡・雲雀山