• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

顕微鏡の対物レンズで、試料とレンズとの間を、レンズとほぼ屈折率の等しい液体で満たして用いるもの。開口数が増し、解像力を上げることができる。→液浸法

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉