• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「えんずい」とも》平安時代以降、宮中の清涼殿殿上 (てんじょう) の間 (ま) 殿上人を召して催した酒宴。参会者は朗詠・今様などを歌い、歌舞を楽しんだ。正月三が日中の吉日、または新嘗祭 (にいなめさい) などのあとに行われた。宴水。殿上の淵酔。