• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

清廉潔白の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心が清くて私欲がなく、後ろ暗いことのまったくないさま。▽「廉」は私欲がなく、けじめがついているさま。「潔白」は心や行いがきれいで正しく、やましいところがないさま。
句例
清廉潔白な政治家
用例
けれども青砥あおとは、決して卑いやしい守銭奴しゅせんどではない。質素倹約、清廉潔白の官吏である。<太宰治・新釈諸国噺>
類語
清浄潔白せいじょうけっぱく 青天白日せいてんはくじつ
活用形
〈―ナ〉

清廉潔白の解説 - 学研 四字熟語辞典

行いや心が清く正しく、私欲や偽りがまったくないこと。
注記
「廉」は、いさぎよいさま、欲がなく行いが正しいさま。
類語
青天白日せいてんはくじつ

清廉潔白の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]心が清くて私欲がなく、後ろ暗いところのないこと。また、そのさま。「―な(の)政治家」

キーワード[欠点]の四字熟語

キーワード[正しい言動]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。