浄瑠璃歌舞伎の一系統で、清水寺の清玄法師が桜姫の容色に迷い、破戒の末に殺され、亡霊となって姫につきまとう筋のもの。土佐少掾の浄瑠璃「一心二河白道 (いっしんにがびゃくどう) 」が最も古い。ほかに「桜姫東文章 (さくらひめあずまぶんしょう) 」などがある。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉