• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

絵画、特に水墨画の描法の一。筆数を極度に省略し、そのものの本質を表現しようとするもの。南宋の梁楷 (りょうかい) の作などが有名。