利根川の支流の一。栃木県西部の庚申 (こうしん) 山付近に源を発し、渡良瀬遊水地を経て、茨城県古河市と埼玉県加須市の境を流れ、利根川に合流する。長さ109キロ。明治中期以後、足尾銅山の鉱毒が流入し、鉱毒事件が起こった。

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉

出典:青空文庫