[形][文]ぬる・し[ク]
  1. 適温よりも低い、または高い。十分な熱さや冷たさがない。なまあたたかい。「風呂が―・い」「―・いビール」

  1. (「緩い」とも書く)

    1. ㋐きびしくない。てぬるい。「若手のきたえ方が―・い」

    2. ㋑動きがおそい。のろい。

      「春の水が…のたりのたりと―・く揺 (うご) いている」〈漱石草枕

  1. てきぱきしない。鈍い。

    1. 「いと―・きこと多かるを」〈・若菜下〉

  1. 愛情が薄い。熱心でない。

    1. 「うちうちの御志―・きやうにはありけれ」〈・若菜上〉

[派生]ぬるさ[名]

出典:青空文庫