• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

温凊定省の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

親孝行をすること。冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるように気を配り、夜には寝具を整え、朝にはご機嫌をうかがうこと。子が親に仕えて尽くすべき心がけを説いたもの。▽「凊」はすずしい意。「定」は寝具を整え、快適に安眠できるよう配慮すること。「省」はかえりみる意で、安否を問う、ご機嫌うかがいをすること。
出典
『礼記らいき』曲礼きょくらい上。「凡そ人の子たるの礼、冬は温あたたかにして夏は凊すずしくし、昏くれには定めて晨あしたに省かえりみる」
類語
扇枕温衾せんちんおんきん

温凊定省の解説 - 学研 四字辞典熟語

親に忠実に仕えて孝行すること。
注記
「温」は、冬に暖かくしてやること。「凊」は、「涼」と同意で、夏に涼しくしてやること。「定」は、安眠できるように晩に寝具を整えること。「省」は、朝に体調をたずねること。親孝行の心がけを説いたもの。「定省温凊ていせいおんせい」ともいう。
表記
「凊」を「清」と書きちがえない。
出典
『礼記らいき』曲礼きょくらい・上

[人間関係を表す/親子・家族/親孝行]カテゴリの四字熟語

キーワード[親孝行]の四字熟語