• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

温度差を利用した発電方式。高温部でアンモニアなどの低沸点媒体気化させてタービンを回して発電し、使用後のガスを低温部で冷やして液体に戻す。海表面と深海底の水の温度差や、70度以上の温泉と水の温度差などを利用する。前者を海洋温度差発電(OTEC)ともいう。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉