の跡がつかないように、皮膚の上に味噌・塩・ニンニクやビワの葉などを置くか、温灸器にもぐさを入れて間接的に加熱する方法。

[医学/東洋医学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫