• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

衛星測位システムで用いられる人工衛星。きわめて正確な計時が要求されることから、多く原子時計を搭載する。複数台で運用され、地上の受信機は、各衛星から発せられた時刻情報つきの電波信号を受け取り、それぞれの位置関係から現在位置を計測する。航法衛星。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉