《「な」は「の」の意の格助詞。「水 (み) の門 (と) 」の意》

  1. 海が陸地に入り込んだ地形を利用したり、防波堤を築いたりして、船舶安全停泊できるようにした所。港湾。「船が―を出ていく」

  1. 川・海などの水の出入り口。みと。

    1. 「すみやかにこの―に往き、水をもちて汝 (な) が身を洗ひて」〈・上〉

  1. 行き着いてとどまる所。

    1. 「暮れて行く春の―は知らねども霞におつる宇治柴舟」〈新古今・春下〉

東京都の区名。東京港に臨む。江戸時代は武家屋敷・寺社地。赤坂・芝・麻布 (あざぶ) の旧3区が合併して成立。人口20.5万(2010)。

名古屋市の区名。名古屋港に臨む。

大阪市の区名。大阪港に臨む。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。