• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 茶の湯で、懐石の終わりに出す練り湯に入れる焦げ飯や煎 (い) り米。

  1. 釜底に焦げついた飯を粥 (かゆ) にしたもの。

    1. 「もはや―の便も切れ、露命すでに終らん事」〈浮・貧人太平記〉

[生活/料理]カテゴリの言葉