• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 伝説で、大和にいたといわれるいたずら狐。播磨 (はりま) 刑部狐 (おさかべぎつね) の兄弟とされる。

  1. 浄瑠璃義経千本桜」に登場する狐。親狐の皮で作られた初音の鼓を慕って、持ち主静御前のもとへ佐藤忠信 (さとうただのぶ) に化身して出る。