• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代の組み香の一。盤上に旗を立てて紅白二組に分かれ、香をきき当てることを争うもの。