• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

源義経の解説 - 小学館 大辞泉

[1159~1189]平安末期・鎌倉初期の武将。義朝の九男。母は常盤 (ときわ) 御前。幼名、牛若丸。平治の乱後、鞍馬寺に入り、さらに奥州の藤原秀衡のもとに身を寄せた。兄頼朝の挙兵に応じて義仲を討ち、次いで平氏を一ノ谷屋島壇ノ浦に破って全滅させた。のち、頼朝と不和になり、反逆を企てたが、失敗して奥州に逃れた。秀衡の死後、その子泰衡に襲われ、衣川の館 (たて) で自殺。悲劇の英雄として伝説化される。九郎判官。
村上元三の歴史小説。の生涯を描く。昭和27年(1952)から昭和30年(1955)にかけて全5巻を刊行。昭和41年(1966)にNHKでドラマ化された際には著者自身が脚本を担当した。

源義経の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
生年月日
1159年
没年月日
1189年6月15日(享年30歳)
別表記
牛若丸 遮那王 源義經 九郎

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース