• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、大名が江戸城に登城した際、黒書院の溜の間に席を与えられること。また、その大名。親藩譜代の重臣から選ばれ、老中とともに政務上の大事に参画した。溜の間詰。