• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. マテガイ科の二枚貝。砂浜にすみ、貝殻は横長の長楕円形で、殻長3センチくらい。殻は薄紫色で、質が薄い。本州から九州にかけて分布。

  1. カラスガイの古名。一説にハマグリの殻の黒色のものという。

    1. 「―といふものの大きなるが、口を開けてありけるを」〈今昔・二九・三五〉