1. ネズミ科の哺乳類。代表的な家ネズミで、下水溝などにすむ。クマネズミより大きく、気も荒い。中央アジアの原産であるが、18世紀ごろからヨーロッパを経て全世界に広がり、先に世界中に分布していたクマネズミを圧迫。白変種のシロネズミは動物実験に用いられる。七郎ねずみ。

  1. 主人の目をかすめて悪事を働く使用人。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

出典:青空文庫