[動ラ下一][文]あふ・る[ラ下二]
  1. 水などがいっぱいになって外にこぼれる。「コップに―・れるほど注ぐ」「川が―・れる」「涙が―・れる」

  1. 人や物が入りきらないではみだす。また、入りきらないほど多くある。「通路まで人が―・れる」「スタンドに―・れる観衆」

  1. 感情・気力・才気などがいっぱいに満ちている。「意欲―・れる作品」「夢と希望に―・れる青春」

    1. 零 (こぼ) れる[用法]

出典:青空文庫

出典:gooニュース