• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滄海桑田の解説 - 学研 四字辞典熟語

世の中の変化が著しく激しいこと。青い海が桑の畑になるという意から。
注記
「桑田滄海そうでんそうかい」「桑田碧海そうでんへきかい」ともいう。「滄海」は、青い大海原。「桑田」は、桑畑。
出典
『神仙伝しんせんでん』麻姑まこ
用例
レオニダスの時より二千五百年の星霜を経て、桑田碧海の変と言ふ程では無いが、地形の変化は此のテルモピレーも埋められ、嶮崖は海岸線から稍々遠く距つて、緩傾斜になつて仕舞つた。〈濱田耕作・温泉雑記〉
類語
滄桑之変そうそうのへん

滄海桑田の解説 - 小学館 大辞泉

キーワード[移り変わり]の四字熟語

キーワード[変化・変動]の四字熟語