[名](スル)ほろんでなくなること。また、ことごとくほろぼすこと。
  • 「心中の弱処病処の一時に―するを覚えたり」〈鴎外訳・即興詩人