• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滴水嫡凍の解説 - 学研 四字熟語辞典

一瞬の間も気をゆるめることなく、仏道修行に励むこと。
注記
「滴水」は、したたり落ちる水。「嫡」はここでは、「ただちに」の意。したたり落ちる水がただちに凍るように隙すきがない意から。「滴水てきすいただちに凍こおる」と読み下す。
表記
「嫡」は、「滴」とも書く。
出典
『碧巌録へきがんろく』四七

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。